menu

SPECIALIST

認定看護師

摂食・嚥下障害認定看護師

患者さんの食べることを支えるために、寄り添った看護を行っていきます。

生駒 紀子

  • 摂食・嚥下障害看護 認定看護師

認定看護師を取得しようとした理由をお聞かせください。

  • 脳外科・神経内科病棟では、脳血管障害、神経筋疾患などにより嚥下障害を有する患者さんが多くいます。嚥下障害の患者さんの看護を通して、食べることの大切さを知りました。自分にもっとできることがあるのではないか、もっと専門的な知識・技術を身につけたいと思い、摂食・嚥下障害看護認定看護師を目指しました。

現在取得している認定看護師の役割・仕事内容についてお聞かせください。

現在は病棟スタッフとともに、摂食・嚥下障害を有する患者さんの嚥下評価や食事介助に取り組んでいます。そのほかには、口腔ケアラウンド、嚥下ラウンド、NSTで活動しています。

認定看護師を取得後は自分自身にどのような変化がありましたか。

認定看護師教育課程では、摂食・嚥下障害看護の知識・技術だけではなく、看護倫理、管理など多くのことを学びました。認定看護師取得後は、脳外科・神経内科病棟だけではなく、院内の患者さんやたくさんの病院スタッフの方と関わることが多くなりました。
こうした多くの経験を通して、看護師として看護の視野が広がったのではないかと感じています。

認定看護師の資格を使って、今後どのような看護活動をしていきたいと思いますか。

病院を退院・転院した患者さんは地域での生活が基盤となっています。そのため病院だけではなく、地域で患者さんを支えていくことが重要なため、退院後のフォローや地域の方と連携をとり、地域で「食べること」を支えられるように活動の幅を広げていきたいと考えています。

認定看護師の仕事を振り返って、一番印象に残っているエピソードをお聞かせください。

重度の嚥下障害があり、水分・ゼリーなどの経口摂取も難しかった患者さんがいました。バルーン訓練などの摂食・嚥下リハビリテーションを行い、経口摂取ができるようになり退院となりました。患者さんにとって入院中大変なことも多くありましたが、経口摂取できるようになり、退院となった患者さんはとても笑顔で、ご家族とともに一緒に喜んだことを今でも覚えています。

 

 

 

 

―Activity―

 

  • 地域医療に携わる方に、認定看護師を知ってもらい、活用して頂きたいと考え、認定看護師の派遣講師・看護相談を開始しました。
    地域から認定看護師へ電話で講師依頼・看護相談が出来る仕組みを作り、近隣施設へパンフレットを配布しました。
    平成30年8月から開始し、講師依頼9件・看護相談3件ありました。派遣講師として、施設やケアマネージャーの勉強会、市民講座など地域の方に活用して頂いています。これからも地域との繋がりを大切にし、地域に根差した看護を提供していきたいと思います。


    TOP