menu

SPECIALIST

認定看護師

がん化学療法看護認定看護師

がんサバイバーである患者さんが、治療を受けながら自分らしく暮らすことを支援しています。

芳川 明美

  • がん化学療法看護認定看護師

認定看護師を取得しようとした理由をお聞かせください。

  • 外科病棟で乳癌の化学療法に携わるようになり、その後化学療法外来が開設となりそこで業務するようになりました。化学療法に携わるには、より専門的な知識、技術の向上など自己研鑽が必要となりますが、自力で学ぶことに限界を感じ、認定課程に進学しました。

現在取得している認定看護師の役割・仕事内容についてお聞かせください。

がん化学療法看護の実践、患者さんの意思決定支援、化学療法を受ける患者さんへのセルフケア支援、役割モデルとしてスタッフへの指導や相談、メディカルスタッフとの協働などです。

認定看護師を取得後は自分自身にどのような変化がありましたか。

これまで以上に専門職としての意識と責任を持ち、患者さん・ご家族やスタッフ、メディカルスタッフと関わっています。

認定看護師の資格を使って、今後どのような看護活動をしていきたいと思いますか。

認定看護師として求められること、また認定看護師だからこそできる活動を実践していきたいと思います。


TOP