令和3年度 社会福祉法人恩賜財団済生会支部埼玉県済生会加須病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 316 143 119 180 311 620 1074 2015 1436 379
当院は埼玉県北部の地域医療支援病院として幅広い年齢層の患者さんを診察しています。近年の推移をみても、0~60歳未満までは患者数や割合に大きな変動はありませんが、周辺地域での70歳以上の高齢者入院者数が増加しており、退院患者全体の74.4%を60歳以上が占め、70歳以上の割合では58.1%となっいます
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 102 16.75 17.35 10.78 82.85
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 97 3.92 4.36 0 70.08
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 69 2.64 3.06 1.45 67.61
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 66 9.83 9.61 31.82 75.77
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 49 112 11.87 2.04 69.2
急性心筋梗塞、狭心症に対する冠動脈形成術、冠動脈ステント留置術や閉塞性動脈硬化症など末梢血管疾患に対する血管拡張術を地域の基幹病院として責任をもって施行しています。また、2022年6月に加須市に病院移転後、心房細動、上室性頻拍など不整脈に対するカテーテルアブレーションも積極的に施行しております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 52 4.71 6.24 0 3.69
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 50 2.74 5.53 0 5.18
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 37 5.76 5.83 0 1.38
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 31 6.1 5.95 0 1.74
010230xx99x00x てんかん 26 2.31 7.22 0 8.08
オールラウンドな診療を行いますが、血液疾患・悪性腫瘍、先天性心疾患や児童精神などの専門的な加療が必要な疾患は、専門施設に紹介依頼いたします。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 98 3.77 4.74 0 72.27
060335xx02000x 胆嚢炎等 34 6.35 7.11 0 66.62
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 31 13.32 15.76 0 71.39
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 31 6.32 6.25 0 64.68
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 28 16.93 10.47 0 72.29
【消化器外科】
消化器外科の医師が、胃がん・大腸がん・肝臓がん・膵臓がん・胆管がんなどの悪性疾患、胆石・ヘルニアなどの良性疾患の手術予定ほか、虫垂炎・消化管穿孔・腸閉塞などの緊急手術も行っています。
腎臓外科の医師もおり、透析が必要な患者さんのシャント作成手術や、シャント閉塞に対する血管内治療も数多く行っています。

【呼吸器外科】
呼吸器外科専門医が、原発性肺癌・転移性肺腫瘍などの肺悪性腫瘍・肺良性腫瘍・気胸・膿胸・胸腔腫瘍などの胸腔疾患、胸腺腫、神経原性腫瘍、縦隔腫瘍に対する予定手術、緊急手術を多数行っています。また、喀血に対する気管支動脈塞栓術などの血管内治療、気管支枝テントなどの気管支鏡治療も行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 79 25.58 25.32 73.42 82.18
160760xx97xx0x 前腕の骨折 38 4 4.99 5.26 64.37
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 14 21.71 21.19 57.14 83
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 14 3.64 5.99 0 49.57
160850xx01xxxx 足関節・足部の骨折・脱臼 13 21.46 18.36 38.46 63.46
外傷から変性疾患すべての整形外科疾患への対応を心がけています。
下肢の変形性関節症に対する人工関節置換術や足部変形などにも対応します。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 44 25.64 18.9 61.36 70.14
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 40 18.88 15.63 30 71.53
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 23 21 15.57 39.13 71.09
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 20 9.05 8.30 5 73.25
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 18 10.67 9.78 5.56 81.28
脳卒中などの急性期疾患に力を入れ、夜間・休日を含めて24時間体制で脳神経外科医がオンコール対応しており、埼玉県が推進する「埼玉県脳卒中急性期診療ネットワーク」の基幹病院として、また一次脳卒中センター(PSC)として常時血栓溶解療法及びカテーテル治療を行える体制をとっております。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 21 8.29 7.22 0 57.62
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 15 20.33 20.57 6.67 87.47
010110xxxxx4xx 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 12 14.83 16.11 8.33 61.08
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) - - 15.63 - -
010080xx99x0x1 脳脊髄の感染を伴う炎症 - - 16.74 - -
髄膜炎、痙攣重積、ギラン・バレー症候群などの神経救急疾患を主に、慢性炎症性髄膜性多発神経炎や重症筋無力症、多発性硬化症、筋炎などの神経免疫疾患の治療も行っています。
パーキンソン症候群患者の誤嚥性肺炎、嚥下障害の治療にも力を入れています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 121 2.08 2.5 0 73.19
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 80 4.69 5.56 0 60.16
11012xxx04xxxx 上部尿路疾患 37 2.05 2.59 0 55.32
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 36 6.31 7.02 0 77.58
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 21 11.86 7.16 0 63.33
主な診療内容は尿路系腫瘍(副腎腫瘍、腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣腫瘍)、尿路結石症、前立腺肥大症、尿路感染症(膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎、性感染症)、神経因性膀胱、過活動膀胱、尿失禁(腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁など)などを中心に、疾患について患者さんおよびご家族の方に、十分に納得していただいたうえで、検査、治療をお勧めするように心がけております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 82 2.39 3.3 0 72.06
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 81 2 2.03 0 53.19
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 50 22.44 18.42 8 77.32
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 28 12.93 13.12 3.57 76.14
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 23 17.39 20.57 13.04 83.09
肺炎、肺化膿症、気管支拡張症といった感染性疾患、肺気腫、慢性気管支炎といった慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、過敏性肺臓炎、サルコイドーシスといったびまん性肺疾患、気管支喘息、咳喘息、アトピー咳嗽といったアレルギー性疾患、自然気胸や胸膜炎といった胸膜疾患、肺癌、中皮腫といった腫瘍性疾患など、呼吸器疾患全般にわたり幅広く診療を行っています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 95 6.94 10.39 0 55.19
110280xx9901xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 44 14.93 13.74 2.27 71.05
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 30 19.8 20.43 0 61.1
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 25 22.28 20.57 12 83.52
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 19 15.95 13.14 5.26 81.58
腎臓病の腎生検、各種画像、専門的な血液・尿検査を用いた診断確定と治療、慢性腎臓病のあらゆるステージに応じた治療法の提案、各診療科と連携した全身疾患関連腎臓病や急性腎機能障害の救急治療、腎代替療法の血液透析、腹膜透析など各種診療を行っています。
救急医学科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 13 2.77 3.7 7.69 46.15
050210xx9901xx 徐脈性不整脈 - - 7.6 - -
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 - - 3.21 - -
161070xxxxx01x 薬物中毒(その他の中毒) - - 7.17 - -
040081xx97x1xx 誤嚥性肺炎 - - 48.61 - -
2022年6月1日より救命救急センター設立。
365日24時間体制で2次救急、3次救急の患者を幅広く受け入れている。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 349 2.68 2.65 0 68.32
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 117 14.21 9.21 0 78.81
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 51 10.71 10.48 0 73.8
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 43 24.51 13.91 2.33 66.26
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 38 13.34 7.7 0 65.61
食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆嚢・胆管・膵臓などと担当する臓器が幅広いことが特徴です。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 29 13 13 20 12 6 1 7,8
大腸癌 15 38 29 42 11 9 2
乳癌 11 8 2 2 10 2 1 8
肺癌 28 15 17 52 4 15 1 7,8
肝癌 13 29 17 12 1 13 2
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌に対し、早期癌から進行癌、再発まで幅広く診療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 7 23.29 68.43
中等症 68 17.62 80.71
重症 15 20.2 82.73
超重症 5 31.6 87.2
不明 0 0 0
軽症の場合は外来治療が基本となりますが、患者さんの状態によって入院しての加療となる場合があります。
成人市中肺炎の重症度別患者数は、中等症の患者数が一番多くなっています。重症度が増すにつれ、年齢・在院日数も延びる傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 169 26.4 75.51 39.15
その他 20 18.6 72.4 2.65
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示したものです。それぞれ発症から3日以内の入院とその他に分けて集計しています。転院率は病型ごとの全退院数における他病院への転院患者割合を示しています。
多職種カンファを行い個々の患者さんごとに最適な治療を行い、リハビリ病院、療養型病院、地域包括ケア病棟への転院がスムーズになるように取り組んでいます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 141 1.86 8.46 30.5 73.78
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 73 2.23 3.1 0 71.86
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 34 0 11.62 0 69.44
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 31 3.45 8.06 3.23 77.52
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 30 0.7 12.37 13.33 67.97
冠動脈ステント留置術、冠動脈形成術においては多くの治療実績を残しています。また、閉塞性動脈硬化症など末梢血管疾患に対する四肢の血管拡張術・血栓除去術も専門的に行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 68 1.53 4.79 0 66.22
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 57 1.14 1.65 0 74.6
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 41 1.24 1.49 0 69.02
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 26 2.62 9.19 0 69.96
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 25 7.16 13.96 0 49.44
【消化器外科】
当院では積極的に腹腔鏡手術を行っています。大腸ではロボット手術を導入しました。胃がん・肝胆膵疾患・ヘルニアでも腹腔鏡手術を行っています。また、多くの症例にクリニカルパスを用いて効率的な治療を行っています。

【呼吸器外科】
当科では最新の胸腔鏡下での治療を積極的に行っています。
一方、血管浸潤や多臓器浸潤などを伴う進行肺癌、悪性縦隔腫瘍に対しても、開胸下での  肺切除、また気管気管支形成術、肺動脈、上大静脈などの血管形成術を行うなど難度の高い手術も行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 75 1.65 20.67 61.33 80.76
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕) 36 1 1.47 0 55
K0484 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(鎖骨) 21 1.05 1.95 0 52.1
K0462 骨折観血的手術(前腕) 20 1.25 10 15 50.95
K0811 人工骨頭挿入術(股) 17 2.53 21.94 82.35 81.24
一般外傷での骨折症例に多数対応しております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 22 0.18 31.95 68.18 84
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 20 1.85 13.65 0 80
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 17 0.65 40.06 58.82 62.88
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) 13 0.85 47.92 76.92 66.54
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) - - - - -
脳卒中の超急性期から質の高い治療を提供し、脳卒中後遺症を最小限にするよう努めております。また外傷性の頭蓋内出血性疾患に対しても迅速な対応が可能で、脳を保護する事を念頭において治療しております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 80 1.24 2.48 0 60.43
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 37 0 1.05 0 55.32
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 35 1.03 10.11 8.57 68.77
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 35 1.83 4.2 0 77.71
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 15 1.13 2.13 0 69.73
経尿道的尿路結石破砕術・対外衝撃波結石破砕術や尿路悪性腫瘍に対する手術を多く行っております。2022年6月よりロボット支援下手術が可能となり、前立腺がん、膀胱がん、腎臓がん、腎盂尿管がん手術で行っております。ロボット支援下でない腹腔鏡下の手術も可能ですので、患者様との相談の上、術式を相談しております。安全安心な手術を第一に感が手行っております。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの) 23 17.52 33.09 4.35 73.17
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) - - - - -
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純なもの)は、人工透析導入までの治療を行い安心して透析治療ができるように退院、転院まで治療を行っております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 314 0.32 1.33 0 68.86
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 110 3.77 13.94 2.7 78.57
K654 内視鏡的消化管止血術 49 1.39 19.76 2.04 72.63
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 45 2.07 7.6 0 74.31
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 45 1.56 24.71 2.22 79.04
大腸内視鏡検査で大腸のポリープが発見された場合、癌化する可能性のある腺腫性ポリープが治療の対象となります。基本的には1泊2日入院で治療を行います。
内視鏡的胆道ステント留置術は、胆道癌による胆管閉塞から閉塞性黄疸をきたすため、胆管内にステントを挿入し黄疸や胆管炎に対する治療方法です。
内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD)は、総胆管結石で胆管炎や閉塞性黄疸をおこした場合に行います。ドレナージチューブを用いて胆汁を鼻から体外に出す方法です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.05
異なる 10 0.15
180010 敗血症 同一 17 0.26
異なる 24 0.36
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 3 0.05
180040 手術・処置等の合併症 同一 22 0.33
異なる 3 0.05
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、この表に示す4つの傷病名について、入院契機となった傷病名の同一性の有無を区分して患者数と発生率を示しています。これらの傷病名が全くないとすれば重症な症例を扱っている医療機関としては不自然であり、多すぎることも問題となります。入院契機が異なるものは入院中に基礎となる疾患が重症化したと考えられます。
更新履歴